旅行

バンコクから2泊3日で週末旅行できる旅先11選。

タイともう1ヶ国少し遠くの国へも行きたいなぁ。
でもバックパッカーだから、費用は安くどこか旅をしたいしなぁ。
航空券代は安くなっているって聞いたから、少し遠出もしてみたいなぁ。

今日はそんなことを思っている方にぜひ読んでほしい記事です。

バンコクを拠点に、これまで2泊3日で旅してきた旅行先を、写真とともに振り返りたいと思います。

なお、前回記事を書いた1泊2日編はこちらから👇。

バンコクから1泊2日で週末旅行できる旅先11選。

では、週末旅行の候補先を紹介していきたいと思います。

【バンコクから2泊3日で訪問可能な国/都市】

『カンボジア・シェムリアップ』

まずは近場から。アンコールワットのあるシェムリアップまで、
LCCが就航して航空券代もかなり安くなりました。(片道1万円以下)
シェムリアップへのアクセスは陸路と空路がありますが、時間を取るなら飛行機一択。
今ではAir Asiaで2,000バーツ前半から見つけることができますよ。
左:アンコールワットの朝焼け 右:プレアビヒア寺院 ※共に世界遺産です。
★ おすすめ度は

シェムリアップ シェムリアップ

『ネパール・カトマンズ』

近年LCCも就航して益々訪問しやすくなったカトマンズ。町には温泉もあるんですよ。
地震災害を受けてしまったカトマンズ近郊の古都パタン(世界遺産)は​順調に
復興の道を辿っているのでしょうか。
バンコク-カトマンズ往復航空券はThai Lion Airで7,700バーツ~。
昔はタイ航空のドル箱路線だったので15,000バーツくらいしていましたので、
随分と行きやすくなりました。バンコクからは飛行機で3時間半くらいです。
★ おすすめ度は

カトマンズ カトマンズ

『フィリピン・マニラ』

これから益々の経済成長が見込まれるフィリピン。人口も1億人を突破して、
いよいよASEANの国々も引っ張っていくことになるのでしょうか。
観光資源も豊富で、過去バリカサグ島でしたダイビングは地形も魚影も最高でした!
バンコク-マニラ間はAir AsiaとCebu PacificのLCCが就航しており、往復4,000バーツ台~。
★ おすすめ度は

マニラ マニラ

『スリランカ・コロンボ』

とにかく人が親切!そんな印象が残っているスリランカ。
世界遺産もいくつもあり、観光地として益々注目度が上がっている国のひとつです。
バンコク-コロンボ間の往復航空券は、LCCのThai Lion Airで5,000バーツ台から見つかります。
私のおすすめの航空券は、バンコク-モルディブのマーレ行きで、コロンボを経由する
スリランカ航空。スリランカもモルディブも旅できて航空券代は4-5万円です。
★ おすすめ度は

スリランカ スリランカ

『インドネシア・バリ』

ビーチも山も田舎も都市も、全部いっぺんに楽しめちゃうのがバリ島です。
サーフィンにダイビングも楽しめますので、旅行者を飽きさせない島がバリ島と言えます。
バンコク-バリ(Denpasar)間の航空券は、昔はタイ航空のドル箱路線でしたが、
LCCのAir AsiaやThai Lion Airが参入してきて4,000バーツ台からみつかります。
★ おすすめ度は

バリ島 バリ島

『ブルネイ・バンダルスリブガワン』

ASEAN10カ国のなかで、最後に訪れたのがブルネイでした。
観光は2泊3日で十分で、次来ることはもうないかなーと思ったのも事実です。
ただブルネイは自然が多く、エコツアーに参加したのは良い思い出ですね。
バンコク-バンダルスリブガワン間は、ロイヤルブルネイ航空が直行便飛ばしておりますが、
直行便だと8,000バーツ台くらいからとなってしまうので、Air AsiaのKL経由などがおすすめです。
★ おすすめ度は

ブルネイ ブルネイ

『ラオス・バンビエン』

何もないけど大自然と長閑な町並みが残っているこの土地は、最高に居心地が良いですよ。
バンビエンへはタイ・ウドンタニ-から1日1本国際バスが運行されておりますので、
バンコクから一番安くバンビエンにアクセスしようと思うと、一旦ウドンタニ-に飛んで、
陸路で行くことをおすすめします。時間のない方はビエンチャン経由のフライトで。
★ おすすめ度は

バンビエン バンビエン

『中国・西安』

12月の西安はマイナスの世界でとても寒いですが、世界遺産の兵馬俑は見ごたえあるし、
中国はローカルのレストランに入っても、どこもある程度満足した料理が食べられます。
西安まではエアアジアで往復4,420B(約15,000円)くらいで航空券が取れまして、
ホテルも1泊2,700円くらいでとても快適なホテルに滞在できました。
★ おすすめ度は

西安 西安

『オーストラリア・パース』

バンコクから飛行機で6時間の距離のパースも、十分週末旅行の圏内と言えます。
ロットネスト島でピカチュウのモデルとなったクォッカとも出会えますし、
綺麗なビーチやスタイリッシュなパースの街並みも存分に楽しむことができます。
この路線はLCCのAir Asia, Scootがおすすめです。
クアラルンプールやシンガポール経由となりますが、往復7,000バーツ台からは魅力的!
★ おすすめ度は

オーストラリア・パース 

『ミャンマー・バガン』

ヤンゴンからバスで10時間、やっと世界遺産に登録されたバガンには、
3000を超えると言われる寺院が町の至るところに点在しております。
バンコクからバガンへのアクセスは全部空路だと意外と高くついてしまうので、
ヤンゴンかマンダレーに一旦フライトして、そこからバスなどで行くのが良いでしょう。
★ おすすめ度は (バガンへの移動に時間が掛かってしまうのが難点。)

バガン バガン

『日本・東京』

最後に載せるのは、2泊3日で何度かバンコクから行った東京です。
バンコク-東京間もいろいろなLCCが就航したり、ベトナム航空やフィリピン航空なども
経由便を安く飛ばしてくれているため、かなり航空券代の価格崩壊が進みました。
JAL, ANA, TGなどのナショナルフラッグの直行便も、マイレージ加算率が改悪にはなったものの、昔よりだいぶ安い金額(5万円を切る価格)で往復航空券を購入できるようになりました。
★ おすすめ度は

東京 東京
 

-まとめ-

ということで、バンコクから2泊3日で訪問できる都市をいくつか綴ってみました。
このほかラオスのビエンチャンや台湾の台中・台南、インドネシアのジャカルタ、
タイと国境を接しているミャンマーのタチレイ、カンボジアのバッタンバン等々、
書けばまだまだ2泊3日で行ける周辺諸国・都市はありますが、週末旅行だけでも
いろんな国に行けるものですよってことだけでも発見して頂けましたら幸いです。

バンコクから1泊2日で行ける週末旅行も綴っておりますので、ぜひご覧ください。

バンコクから1泊2日で週末旅行できる旅先11選。


 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-旅行
-, , , , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.