旅行

弾丸旅行で世界一周できた話。年末年始11日間で費用は約30万円!

【世界一周旅行】

長いこと憧れて、社会人になってからは自分の人生とは関係のないものになるはずでした。

世界一周という言葉の響き・・・

しかし、
年末年始の11日間で自分はこの言葉を自分のモノにしてきました。

サラリーマンやっていても世界一周旅行は出来ます!!
それも総額30万円以内で。

私の場合は11日間でしたが、7か国周遊してきました。

今日はそんな旅のお話。

11日間の日程はざっくり以下の通りでした。

訪問国:中国、カナダ、アメリカ、アイスランド、フランス、ベルギー、ノルウェー

12月27日(木)タイ・バンコク発-中国・上海着-上海発-カナダ・トロント着
12月28日(金)ナイヤガラの滝観光/アメリカ日帰り入国
12月29日(土)カナダ・トロント発-アイスランド・レイキャビック着(翌日)
12月30日(日)レイキャビック着 市内観光
12月31日(月)南海岸沿いデイトリップ  レイキャビックで年越し。
1月1日 (火)アイスランド・レイキャビック発-フランス・パリ着
1月2日 (水)ルーブル・オルセー美術館巡り
1月3日 (木)パリ発-ベルギー・ブリュッセル着
1月4日 (金)ベルギー・ブリュッセル発-ノルウェー・オスロー着
1月5日 (土)ノルウェー・オスロー発-タイ・バンコク
1月6日 (日)バンコク着

フライト本数は計7本 。
LCCはSpring Airlines, Wow Air, Brussels Airlines, Norwegian Air、
National Flag Airlineは、Air Canadaのみでした。

航空券代は総額45,250バーツ(2018年末当時で約155,000円)
ホテル代は総額10,774バーツ(2018年末当時で約37,000円)
現地滞在費の総額が約100,000円。

世界一周の旅の総額:292,000円でした。

安くあげられた要因は、

〇 LCCを多く利用!

〇 ドミトリーに宿泊!

最近の旅としては特に珍しいことはしておらず、普通に旅しただけとも言えます。
長距離路線のフライトをいかに安くあげるかここが一番のキーポイントです!
バンコクは幸いなことにNorwegian Airがオスロー・ストックホルム・コペンハーゲンへ
LCC価格でフライト就航しており、欧州に安く行けるメリットがあります。
旅行サイト等で調べるとオスローまで片道6,253バーツ(約21,200円)とかでみつかります。

日本からだと、コロナウイルスの関係で今(2020年3月時点)では厳しいですが、近くの国へLCCで一旦飛んで、ソウル、上海、香港発などを探すと魅力的な航空券も。

ソウル発南米行き
上海発カナダ経由南米行き

などが長距離移動且つ格安に渡航が可能です。

南米サンパウロなどからは、ロンドンやリスボンが比較的安く渡航できますし、
安いフライトだとサンパウロからマドリードまで片道29,000円とかであります。
シドニーからアルゼンチンのブエノスアイレスへの片道67,000円とかも
世界一周のルートとしては魅力的な路線&価格ではないかなと思います。
行き先がまだ決まっていない場合には、Google Flightなどを使って検索すると、
非常に選択筋が増えると思いますので、是非一度使って検索してみてください。

皆さんも一度は世界一周の旅に出てみませんか?

世界一周したからといって誰も褒めてくれる訳ではありませんが、
自分が求めているのは自発的で内面的な幸せ探し。旅は幸せ探しだと思っています。

そして旅が終わった今、世界一周の旅は幸せだったなと振り返ることができています。
旅はあくまで客観的にどうかではなくて、主観的に今の自分はどうかを問うてみる。

『幸せは他人が決めることではなく、自分の心が決める』

とはアドラーや相田みつをさんが書いてた言葉ですが、まさにその通りだなと思います。
今後も自分の幸せ探しの旅を続けて、皆様とも共有していけたらと思います。
何点か世界一周のときの写真を貼ってみます。

  

上海の豫園。観光客で溢れていました。    ナイアガラの滝。ライトアップもあります。

  

この2枚はアイスランドでの写真。現地でのSouth CoastのOne Day Tourはオススメです!

  

フランス・パリのセーヌ川。☝ 世界遺産。       ベルギーで撮った1枚。

今回の旅では、アイスランドの大自然やカナダのナイヤガラの滝を目にしたり、
パリのルーブル美術館・オルセー美術館やオスローの国立美術館を訪問して美術に触れ、
自分の好きな葉加瀬太郎や久石譲、クラシックなどの音楽を携帯で聴きながら旅しました。
カバンに入れた2冊の本は、本田健さんの『ユダヤ人大富豪の教えII』でお金の勉強と、
大学試験向けの英熟語の参考書でした。(参考書はほとんど読まなかったけど…)

旅の余韻が残る今、初めての世界一周は東回りで回った世界一周でしたが、
次は西回りがあるじゃないかとマインドは次の旅に向かっています。
それは10年後にかもしれないし、もしかしたら嫁やまだ居ないけど
親子三人での旅になるかもしれません。

夢を見ることは無駄じゃない。実現してこその夢の価値。
☛価値って何なんだろうなって考えると、1度の人生でどれだけ後悔なく、
今を精一杯生きて幸せを感じることができたのか、また周りの人を幸せにして、
それをどれだけ共有できたのかが、夢の価値かなって思います。

自分は次の目標として【西周りの世界一周を夢に持ち続けていこう】と思います。
世界一周という言葉の響きに魅せられたリーマンパッカーとして。

これまで旅の記事をたくさん書いていますので、このまま下にスクロールしていただくか、
"キリトリ・タイ駐在 Travel リンク"をクリック頂き、​他の記事もご覧頂けましたら幸いです。

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-旅行
-, , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.