旅行

日本から週末弾丸旅行で行けるおすすめの国・都市10選

海外旅行に行きたいけど、週末だけで旅できるところはどこ?

金曜日の仕事終わりに向かえる海外の国はどこかあるかな?

次の3連休は気軽に海外に行ってみたいけど、どこにいこうかな?

 
👉 そんなことを考えているあなたに、ぜひ読んでほしい今日のトピック。
 

日本から週末弾丸旅行で行けるおすすめの国・都市10選

飛行機
 
日本からと書いておりますが、出発地は東京を念頭にフライト時間を書いており、土日の2日間や2泊3日の弾丸旅行で訪れることが可能で、旅がしやすい国を選びました。

本当はロシアのウラジオストクや中国の北京などもおすすめに載せたいところですが、このコロナ禍で今は旅するのが難しいため外しております。
 
朗報:2022年9月7日から“ワクチン3回接種完了”を条件に、日本へ帰国する72時間以内のPCR検査・コロナ陰性証明書の提示が無くなりますので、より海外旅行がしやすくなります!
 
では、日本から週末弾丸旅行で行けるおすすめの国・都市10選いってみましょう。

※今日はフライト時間順にご紹介していきます。
 

ページコンテンツ


 
それではまず1か国目はお隣のこちらの国です!
 
 

1.韓国 東京からフライト時間:2.5時間


 

➤ LCCが地方線も飛んでおり、福岡・博多からは船で釜山へもアクセス可能

 
日本から気軽に海外旅行行ける旅先として外せないのが、韓国ではないでしょうか。成田空港から飛行機で約2時間30分、福岡空港からなら1時間半でソウルへアクセス可能です。

ソウルには日本にはまだ無いカジノや、女性にはコスメなどの買い物も楽しめますし、釜山ではアワビとか新鮮なシーフードや焼肉などの韓国料理が存分に楽しめますよ。
 
 
フェリー福岡からならJR九州の高速船クイーンビートルが、2022年秋ごろに博多~釜山便の就航再開に向けて動いています。博多~釜山の高速船は所要時間約3時間半。
 
 
韓国は弾丸週末旅行でも手軽に楽しめるのが魅力ですね!
 
 
では続けてご紹介するのは、本ブログで何度もご紹介しているこちらです!
 

2.台湾・台北 東京からフライト時間:3.5時間

台湾
 

➤ 食、食、食、夜はクラブや夜市へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

 
日帰りでも訪れる旅行者がいるくらい近くにあるのが台湾です。始発便で飛べばお昼ごろから街歩きが可能です。復路は夕方や夜便を選べば、最大限滞在時間を使って観光を楽しむことができます。

台湾の関連記事:
初めての海外旅行に最適!女性の方の一人旅にもおすすめできる8か国を厳選!

初めての海外旅行に最適!女性の方の一人旅にもおすすめできる8か国を厳選!


 
 
飛行機台北へ行くには桃園国際空港と松山国際空港の2つがあり、より街中に近いのが松山国際空港となります。航空券代は少し割高になってしまいますが、滞在時間重視の場合は松山空港行きの路線を調べてみてください。
 

 
 
では続けてご紹介するのは、自身まだ行ったことのないこちらです。
 

3.グアム 東京からフライト時間:4時間

タモンビーチ
 

➤ 365日常夏を楽しめる南国のグアム

 
グアムで一番有名なタモンビーチは、年間を通して南国の雰囲気を楽しめます。スキューバダイビングやパラセーリングなど、思いっきりマリンスポーツを楽しみたい方にはグアムは最適な旅先ですね。
 
 
飛行機東京からはユナイテッド航空とANAの共同運航便が飛んでおり、土日での弾丸旅行も可能ですが、金曜の夜にフライトすれば現地で過ごせる時間が増えますよ!
 
 
HISのホームページにグアム特集が載っていますので、こちらもぜひご参考にしてください。
 

 
 

4.香港 東京からフライト時間:4.5時間


 

➤ 「100万ドルの夜景」と形容される超高層ビルが立ち並ぶ国際都市・香港

 
ショッピングにグルメ、ホテルのアフタヌーンティーや飲茶も存分に楽しめるのが香港です。香港ディズニーランドもあるし週末旅行するにはもってこいで、土日の弾丸旅行で訪れている旅行者もいますね。
 
香港

写真の夜景を楽しめるビクトリアピークに行くのもおすすめですし、同じ香港島にある蘭桂坊(ランカイフォン)でBAR巡りをしても楽しいですよ。
 

5.マカオ 東京からフライト時間:4.5時間+フェリー70分

マカオ
 

➤ 南欧の雰囲気を残す西洋文化と東洋文化が交差する都市・マカオ

 
香港国際空港からターボジェットでアクセス可能なノスタルジックな街・マカオ。街を歩けば至るところに世界遺産に登録された建物や広場があり、またカジノを併設した高級ホテルが建ち並び、観光やグルメ、そしてカジノまで楽しめるのがマカオです。
 
 
高速フェリー香港国際空港 ⇨ マカオの場合:飛行機からフェリーに直接乗り換えする場合のみ利用可で、SkyPierよりフェリーに乗船してマカオへアクセスが可能です。
フェリー運航会社:TURBOJETのホームページ
 
1999年までポルトガル統治下だったので、街並みは南ヨーロッパの雰囲気も残しており、マカオではポルトガル料理をはじめ西欧料理なども楽しめますよ。日本とは違った雰囲気を味わえることでしょう。
 
 
さて、次にご紹介するのは隣の島までは行ったことがあるものの、まだセブに入っていったことがないのですが、フィリピンへの弾丸旅行はマニラよりもセブ島への週末旅行をおすすめします。
 

6.フィリピン・セブ  東京からフライト時間:5.5時間

セブ
 

➤ アジアのリゾート地として人気のあるセブ島

 
日本から気軽に行けるビーチリゾートして名前の挙がるセブ島。昔はグアムやサイパンが気軽に行ける南国の代表旅行先でしたが、フィリピンのセブ島も日本からの直行便LCCが就航したりして身近な旅行先となりました。

物価も安く、片言の英語でも旅ができますので気軽に週末旅行を楽しめます。

しかし、弾丸旅行だとセブ島のハイライトとも言えるジンベイザメと一緒に泳げる南部のオスロブや、北部のとっても海が綺麗なバンタヤンまでは足を運ぶことは厳しいので、セブの空港があるマクタン島でリゾートホテルに泊まってゆっくりするのが良いかもしれませんね。
 
 

7.ベトナム・ハノイ 東京からフライト時間:5時間30分

ベトナム
 

➤ 1000年以上の歴史もあり、成長の著しい街・ハノイ

 
ベトナムの首都・ハノイ。南のホーチミンが商業都市だとしたら北のハノイは政治と文化と歴史の都市。ハノイ市内には世界遺産タンロン城址があり、街の真ん中には憩いの場となっているホアンキエム湖もあり、街を散策しているだけでも活気があって楽しい街です。

フレンチコロニアル調のソフィテルホテルをはじめ、歴史を感じさせてくれる建物や教会も多く、オペラハウスのすぐ近くにあるヒルトンハノイオペラでアフタヌーンティを楽しむのも良いでしょう。

ホアンキエム湖の北側にある旧市街では、夜になると若者がオープンレストランやカフェ・バーに集まり賑やかになるので、そのガヤガヤした街の雰囲気を楽しんだりショッピングをするのもおすすめです!
 
 
飛行機日本線はVietnam Airline, Vietjet,Bamboo Airwaysなどが飛んでいます。深夜便もあったりするので、スケジュールを上手く組んで週末旅行したいところですね。
 
 

8.タイ・バンコク 東京からフライト時間:6時間30分

バンコク
 

➤ 弾丸旅行でもいろんなジャンルを楽しめる街・バンコク

 
最短で1泊2日などでも訪れる旅行者のいる旅先がバンコク。何が旅行者を魅了するのかは人それぞれ、十人十色です。

タイ料理はもちろん、世界各国の料理が食べられると言っても誇張ではないくらいインターナショナルなレストランがバンコクには揃い、ショッピングも屋台やナイトマーケットからICON SIAMといった高級デパートなどと選択の幅が広く、マッサージやSPA、ナイトライフも充実、短時間の滞在でもきっと自分に合った楽しみ方ができるのがバンコクです!
 
飛行機昨今ではエアアジアやタイ・ベトジェットエアといったLCCが日本路線を復活してきており、成田からはJALの子会社ZIP AIRが就航中です。
 
10月からは福岡便も増えますし、関空、札幌路線の運航も再開するとニュースが出ています。
LCCが就航再開することにより、バンコクがより弾丸旅行しやすくなりますね!
 
 

9. マレーシア・クアラルンプール 東京からフライト時間:6時間30分

クアラルンプール
 

➤ イスラム文化を感じ取ることができる日本から最短の都市・クアラルンプール

 
緑豊かな街であり、時間になるとイスラム教のアザーン(礼拝堂へお祈りにいこう!という呼びかけ)が響き、中心繁華街エリア・ブキッ・ビンタンには大型ショッピングセンターや夜にはバーやクラブで賑やかになるマレーシアの首都・クアラルンプール。

格安ホテルから5つ星のホテルまで、アジアの都市のなかでは比較的安く泊まることができ、アロー通りなどは夜になると一大屋台街が道の左右にずらっとお店が広がり、中華料理からシーフード、インド料理などまでが楽しめます。写真映えするツインタワーも外せませんね。
 
 
飛行機日本からはLCCのエアアジアXが就航を再開。日本とクアラルンプールを約6時間半で結んでいます。羽田、関西、新千歳線も再開するようですね。
 
異文化を感じられるクアラルンプールも弾丸旅行するのにおすすめの旅先です。
 
 
さて、ラスト1か国となりました。オーストラリアも書きたかったですが、今回はこの国で〆たいと思います。
 
 

10.シンガポール 東京からフライト時間:7時間

シンガポール
 

➤ 高層ビル群に圧倒される発展著しい国際都市・シンガポール

 
1泊2日や0泊3日で弾丸旅行する旅行者もいるのがシンガポール。夜も遅くまでお店が空いていたりバスが24時間走っていたりと、治安の良さも相まって弾丸旅行するには最大限時間を使って楽しめるのがシンガポールです。

マリーナベイではライトアップされたマリーナベイサンズとマーライオンを観光、そのまま夜食を食べにクラークキーやチャイナタウンに行くのも良いですし、アラブストリート、リトルインディアなど異文化を感じれる地域を訪れるのも良いでしょう。

昼間は数えきれないほどある5つ星ホテルのなかからアフタヌーンティを楽しんだり、時間が許せばチャンギ空港のジュエルや免税店など、空港散策するだけでも楽しいことでしょう。
 
飛行機成田、関空、新千歳からはLCCのSCOOTが就航しており、行きは約7時間、帰りは約6時間で結んでいます。
 
 
シンガポールは東京23区より少し大きいくらいの国土のなかに、自然がありビーチあり、動物園や遊園地などの観光名所もいっぱい詰まった魅力的な国ですので、ぜひ一度訪れてみてください!
 
 

日本から週末弾丸旅行で行けるおすすめの国10選 -まとめ-

飛行機

今日は日本から週末弾丸旅行で行ける旅先10選をご紹介しました。
昨今のLCC路線復活により、より気軽に海外に行けるようになってきたと思います。

日々の生活に忙殺されてしまっているかもしれませんが、弾丸旅行で海外に行くだけでも非日常の光景や言葉の違い、食の違いなどで気分転換できるものです。

お金は掛かってしまいますが、貴重な体験になることは間違いなしです!
ぜひ、次の旅を計画してみてくださいね。

初めてのバックパッカー旅行におすすめの国5選も記事にしておりますので、あわせてご覧ください。

バックパッカーになりたい!|初めての旅におすすめの国5選


 
 
以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

さ~て、そろそろ航空券を探してみませんか?
 

 

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-旅行
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.