旅行

バックパッカーになりたい!|初めての旅におすすめの国5選

旅した国

タイ・バンコクで駐在14年目、バックパッカー歴は足がけ約20年のYOです。
これまで57か国・地域を旅して、年末年始の11日間で世界一周もしました。

世界一周

今日はバックパッカー関連記事の第五弾として、バックパッカーの私が選ぶ
『バックパッカー初めての旅におすすめの国5選!』

👆この記事を書いていきたいと思います。なお、これまでの第一弾から第四弾はこちら👇

では、さっそく本題に入っていきましょう!

【バックパッカー初めての旅におすすめの国5選】

バックパッカーにおすすめの国:1.台湾

Taiwan

➤治安が良い!

まず初めての海外ということで心配するのが治安ではないでしょうか。
台湾は夜でも夜市が遅くまで開いていたり、スリ・詐欺・犯罪に巻き込まれるリスクも日本並みであり、はじめての海外旅行にはもってこいの国と言えます。

➤ご飯がおいしい!

台湾と言えばもう『食』ですよ!街を歩けばおいしそうな食べ物の小売店があちらこちらに。ローカルな食堂でも文字が分からないので、想像を働かして頼んでみた料理が「あたり!」ってことも。他の人が食べているのを指さしで食べるのも、海外の旅って感じで良いですよ。

➤航空券代が安い!

日本から台湾への航空券はLCC(格安航空券)を使えば、往復1~2万円から探すことが可能です。機内持ち込み可能な7kgなどの手荷物だけ持って、受託手荷物代は省いて航空券の総額を安くあげたいところですね。

ココがポイント

空港のチェックインカウンターで預ける荷物のことを受託手荷物といいますが、LCCはこの預け荷物代が意外と高いので、短期の旅なら機内荷物のみにまとめてみましょう。その際、液体容器は100ml以下であることをきちんと確認してくださいね。

バックパッカーにおすすめの国:2.シンガポール

singapore

➤治安が良い!

台湾同様、シンガポールの治安も日本並みに安全です。タクシーに乗ってもぼったくりは無いし、バスやMRT(電車)に乗ってもスリなどの心配もほとんどないです。夜もバスは結構走ってますし、タクシーもあまり高くないので、Barやカジノで遅くなってしまっても大丈夫!

➤英語が通じる。

初めての海外だと言葉の問題は心配になるものですよね。シンガポールは英語が通じますし、ぶっちゃけ英語が話せなくても旅はなんとかなっちゃうものなので、そこまで言葉は心配しなくて大丈夫です。個人的には言葉より治安の方が旅初心者には大事かなと思います。

➤見どころがコンパクトにまとまっている。

マリーナベイ・サンズ、セントーサ島、シンガポール動物園にナイトサファリ、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、クラークキー、中華街・アラブ人街・インド人街、そしてチャンギ空港等々、見どころがたくさんありますよ!

ココがポイント

シンガポールは、徳島県三好市やバーレーンとほぼ同じ面積のなかに見どころが詰まっていますので、効率的に観光地を回れるのが魅力です!一人で行っても恋人や友だち、家族で行っても楽しめるのがこのシンガポール良い点ですね!

バックパッカーにおすすめの国:3.アイスランド

iceland

➤治安が良い!

台湾・シンガポールと同様、アイスランドも世界有数の治安が良い国として名前が挙がります。人口約36.41万人のアイスランドでは、2012年の殺人発生率が10万人中0.3人、2001年以降の殺人事件の発生件数は年間平均1.8件。軍事費も対GDP比で0.1%です。超安全です!

➤大自然に魅せられる。

アイスランドと言えば、『大自然とオーロラ!』。2010年に噴火した火山をはじめ、アイスランドという名前からは想像できませんが、ブルーラグーンという有名な温泉もありますよ。ヨーロッパ最大の氷河、氷の洞窟、大迫力の滝の数々、地面から熱湯が噴き出す間欠泉など、見どころ満載の自然の宝庫!

➤とにかく一度行ってみて!

『初めてバックパッカーで訪れた国がアイスランド』。👈もうこれだけでカッコよくないですか?私個人的にはすごくセンスを感じます。「いやーそこ?マジ?57か国回って一番良かった国を挙げるとすればアイスランドだよ!」と、伝えたいですね。

ココがポイント

物価は日本よりも高いです。世界でも有数の物価の高さです。それでも初めてのバックパッカーの旅でアイスランドをおすすめするのは、東南アジアなどの物価の安い国に慣れてしまってからアイスランドに行くと、コーラすら飲むのを躊躇したくなるくらいあらゆるすべてのものが高く感じるからです。

バックパッカーにおすすめの国:4.ラオス

laos

➤素朴な雰囲気に癒される。

初めてラオスを訪れた2002年、首都ビエンチャンの目抜き通りですらアスファルト舗装されておらず、赤土剥き出しの道だった国です。バンビエンやルアンパバーン、そしてフエイサイへと抜ける旅の中で、現代とはかけ離れた30-40年前の生活をしているような風景に、まるでタイムスリップしたような感覚を覚えたものでした。地方に行けば行くほど素朴で癒されますよ。

➤自然豊かで見どころもたくさん。

漫画ドラゴンボールで描かれた山々を彷彿させるバンビエンの風景。世界遺産の街・ルアンパバーンにあるクアンシーの滝、ターケークにあるあまり有名ではない洞窟、ラオス南部の都市シーパンドンにあるコーン・パペンの滝など、ラオスは非常に自然豊かな国であります。

➤バックパッカーとの出会いがある。

昔、ニューヨークタイムズで【世界で一番行きたい国】の第一位に選ばれたことのあるラオスは、今でも世界各国の旅行者・バックパッカーが訪れます。狭い町の中では何度も出会って、やがて知り合いになって一緒にご飯を食べたり、観光に出掛けたり。旅の醍醐味である出会いがたくさんあるのもラオスの魅力と言えますね。

ココがポイント

昨今のグローバリゼーションによる国の発展は目を見張るものがあり、ラオスも主に中国資本に支えられて首都ビエンチャンには高層ビルやモールが建設され、お洒落なホテルやCafeも続々とOpenしています。[おい、ラオスだけはいつまでも緩やかな時間が流れる素朴な国であってくれ]と願うのは、自分勝手ないちバックパッカーの願いなのでしょうね。

ラオス🇱🇦ビエンチャン週末旅行の記事はこちらから。

ラオス・ビエンチャンの週末旅行を写真と共に紹介します【1泊2日編】

バックパッカーにおすすめの国:5.タイ

thailand

➤人が良い。

タイは【微笑みの国】と形容されるように、タイ人は人懐こくって笑顔もくれて、それでいて少しシャイなところもあり、温厚で優しい人が多いです。仕事をしていても結構いろいろ助けてくれるし、個人的にはタイ人は優しくて面倒見がいいなと感じています。

➤治安もそこそこいい。

台湾・シンガポール・アイスランドと比べると、タイは同等レベルに治安が良いかというと、決してそうは言えないです。観光地にいるドライバーが観光客をだましてコミッションを貰えるお土産屋に連れて行ったり、日本人が良く住むエリアでもひったくりはあるし、チャトゥチャックマーケットでのスリもまだあります。ただ、注意していれば普通に旅はできますよ。

➤物価が安くて見どころ満載!

日本からタイへの航空券代も本当に安くなりまして、十分週末旅行で行ける国となりました。エステやマッサージ、タイ料理なども安く堪能出来て、買い物もタイの楽しみのひとつです。バンコクのルーフトップバーで夕暮れや夜景を楽しめば、しばし日本の暮らしを忘れてしまうことでしょう。

ココに注意

タイは新型コロナウイルスの影響で、2020年5月時点でタイの失業者が700万人を超え、労働人口の2割を超えてきています。このことによる治安の悪化は免れず、強盗やスリ、犯罪も増加傾向にあります。もし海外からの観光客の受け入れが再開しても、しばらくはいつも以上に治安面の注意が必要でしょう。

航空券やホテル探しはぜひExpediaで!

-まとめ-

おそらくほかのバックパッカーに【バックパッカー初めての旅におすすめする国5選】というアンケートを取ったら、半分以上はおすすめの国がかぶるんじゃないかなと思います。

今日挙げた5ヶ国は比較的治安の良い場所を選びました。
新型コロナウイルスが収束したら、カバンに夢を詰め込んで、旅に出かけてみましょう!


これまで旅の記事をたくさん書いていますので、このまま下にスクロールしていただくか、
"キリトリ・タイ駐在 Travel リンク"をクリック頂き、​他の記事もご覧頂けましたら幸いです。

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-旅行
-, , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.