旅行

【マイル】マイレージの貯め方|Star Alliance・SkyTeam・oneworld

今日は『飛行機といればこれ!』という方もいるマイル/マイレージについて書いていきたいと思います。

私がマイルを貯めているのは、Star Alliance・SkyTeamの二つとなります。

なお、JAL日本航空が加盟しているoneworldは、どこの航空会社のマイレージも貯めていません。

oneworldは日本航空をはじめアメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、マレーシア航空などが加盟しておりますが、これまでどうも縁が無く、oneworldは貯めていない状況です。

今日は三大航空連合と言われるStar Alliance・SkyTeam・oneworldを中心に書いていきたいと思います。
 

アライアンス別のマイレージ貯め方|Star Alliance・SkyTeam・oneworld

Star Allianceでのおすすめのマイルの貯め方|ユナイテッド航空

スターアライアンスは世界最大の航空連合で、加盟航空会社は26社を数えます。ユナイテッド航空をはじめ、ルフトハンザドイツ航空、エア・カナダ、スカンジナビア航空、タイ航空、シンガポール航空、ANA全日空、アシアナ航空、スイスインターナショナル、中国国際航空、ターキッシュエアラインズ、エチオピア航空など全世界をカバーしております。

Star Allianceはユナイテッド航空のマイレージプログラムで貯めており、有効期限が無いというところが最大の利点です。(ただ特典航空券を取得する際、より多くのマイル数を求められるので、ある意味デメリットであるとも言えます。)

ユナイテッド航空のマイレージは、提携しているクレジットカードを使うことによって、マイルを貯めることも可能です。あまり飛行機に乗る機会が無い方も日々の生活のなかでコツコツとマイレージを貯めて、国内旅行やハワイなど無料航空券と交換することも可能です。



私は基本Star Allianceの航空会社ではユナイテッド航空で貯めていますが、タイ航空に乗る際はマイルの加算率を加味してタイ航空のマイレージプログラムに貯めたり、加算率が変わらない場合はユナイテッド航空に貯めたりしています。

同じエコノミークラスでの発券でもアルファベット1文字の座席クラスによりマイレージ加算比率が異なり、タイ航空ならタイ航空のホームページ上でマイル加算比率を調べる必要があります。格安航空券だと加算率が25%とか、場合によってはマイル加算無しの場合もありますので、航空券を購入する際は座席クラスを毎回チェックしています。

マイルの有効期限が取得後3年間となっているスターアライアンスのANA・全日空は、もし陸マイラーとしてクレジットカードなどでマイレージを貯められるようなら、ユナイテッド航空のマイレージプラスの必要マイル数より少ないマイレージで無料特典航空券と交換できますので、ANAのマイレージプログラムであるANAマイレージクラブでマイルを貯めることもおすすめです。

ANAのビジネスクラス・日本⇔韓国往復のLow Seasonだと25,000マイルで交換可能、
エコノミークラスの日本⇔韓国往復のLow Seasonでしたらたったの12,000マイルです。ユナイテッド航空でしたらビジネスクラス・日本⇔韓国往復は66,000マイル、
エコノミークラスの日本⇔韓国往復でも17,600マイルが必要です。
ANAの日本⇔東南アジアもLow Seasonのエコノミーは30,000マイル、ビジネスクラスで55,000マイルですが、
ユナイテッド航空だと日本⇔東南アジアはエコノミー44,000マイル、ビジネスクラスで99,000マイルですので、ANAの方が少ないマイレージで特典航空券を取得することができることが分かると思います。

マイルの有効期限が無い航空会社の場合、上記のように特典航空券を取得する際に有効期限を設けている航空会社より、より多くのマイレージ数を求められる傾向があります。

自身がどのようにマイルを貯めるのか、どのくらい飛行機に搭乗する機会があるかなどを踏まえて、マイレージを貯める航空会社を選択する必要がありますね。

ちなみにユナイテッド航空の無料特典航空券で比較的お得な路線は、
日本国内線(ANAで発券)の往復11,000~19,200マイル、
日本⇔インド往復エコノミー55,000マイルなどでしょうか。
 

SkyTeamでのおすすめのマイルの貯め方|デルタ航空

SkyTeamはデルタ航空のマイレージプログラム(スカイマイル)で貯めており、デルタ航空もマイレージの有効期限が無期限であるので、あまり飛行機に乗る機会が多くない方にもおすすめです。

SkyTeamは、エールフランス、大韓航空、KLMオランダ航空、ベトナム航空、チャイナエアライン、中国東方航空など19社が加盟しており、デルタ航空のスカイマイルにマイル加算が可能です。また提携しているクレジットカードを利用することによりマイル加算も可能となっております。

昨今ではデルタ航空の日本⇔東南アジア路線の縮小・廃止により、あまりデルタ航空自体乗る機会が無くなってしまいましたが、日本⇔アメリカ線では羽田⇔アトランタ、デトロイト、シアトル、ポートランド便などの路線が残っています。

デルタ航空のマイレージ特典航空券の必要マイル数は非常に複雑で、デルタ航空の公式サイトでも必要マイル数チャートは掲載されておらず、必要マイル数のパターンは何通りも存在するので非常に記事に書きづらいのですが、お得な日本⇔韓国路線は下記のようになっています。

デルタ航空 ビジネスクラス・日本⇔韓国往復は30,000マイル、
エコノミークラスの日本⇔韓国往復はたったの15,000マイルです。

昔は日本→台湾→韓国行きのビジネスクラス特典航空券を15,000マイルで発行できましたが、今はこのルートは発券不可となってしまいました。

日本⇔東南アジアの必要マイル数は、
エコノミークラスの場合35,000マイル、
ビジネスクラスで90,000マイルとなっておりますので、
エコノミーの35,000マイルは比較的お得かなと思います。

日本に住んでいると、JAL/ANAともに加盟していないSkyTeamは、日本人には馴染みが薄いかもしれませんね。
 

oneworldでのおすすめのマイルの貯め方|日本航空

正直記事に書きづらいのがoneworld。なぜなら自分が一番使ったことが無く、マイレージも貯めたことが無いからです。

oneworldに加盟している航空会社は、日本航空をはじめアメリカン航空、アラスカ航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空、スリランカ航空など15社が加盟しています。

JALのマイレージプログラム・JALマイレージバンクは、ANAと同じくマイルの有効期限が取得後36か月となっております。また、JALもさまざまな提携クレジットカードを利用することによりマイルを貯めることが可能です。

日本航空(JAL) ビジネスクラス・日本⇔韓国往復は36,000マイル~、
エコノミークラスの日本⇔韓国往復はたったの15,000マイル~です。

 

日本⇔東南アジアの必要マイル数は、エコノミークラスの場合24,000マイル~、
ビジネスクラスで80,000マイルとなっておりますので、
エコノミーの24,000マイルは比較的お得かなと思います。

日本航空は日本⇔インド往復のエコノミーが35,000マイル~、
日本⇔ハワイのエコノミー往復で40,000マイル~、
日本⇔アメリカ・カナダのエコノミーも50,000マイル~なので、
少ないマイルで発券できるお得な路線がかなりあります!
 

YO
改めてJALの特典航空券の必要マイル数を調べてみると、お得な路線が多く魅力的に映りますね!

 
ANAが加盟するスターアライアンスかJALが加盟するoneworldを選ぶのか、それともJAL/ANAともにマイル取得後36か月で失効してしまいますが、JAL/ANA両方のマイルを貯めるのか。これは結構悩む問題かもしれません。
 

独立系エアラインのマイルについて

エミレーツ航空やオマーン航空、エアアジア、バンコクエアウェイズなどは、エアラインのアライアンスには加盟しておらず、独自のマイレージプログラムを提供しております。

バンコクに住んでいると、エアアジアやバンコクエアウェイズを利用する機会も多くありますが、マイレージがたくさん貯まるわけでもなく、正直あまりマイルを貯めること自体に魅力を感じません。

更に有効期限もあったりするので、これが無期限で維持できるのであれば多少貯めようかという気にもなりますが、Star Alliance, SkyTeam, oneworldの3大アライアンスのプログラムから比べると、どうしても魅力無しと判断してしまいます。
 

クレジットカードを利用してマイルを獲得する方法|各種航空会社の提携カード

ユナイテッド航空は【MileagePlus JCBカード】というクレジットカードでマイルを貯めることができます。マイルの有効期限は無期限ですので、日々の食事代や交通費など、少ないマイルをコツコツ貯めることによって無料特典航空券が貰えたりします。




 
タイではAEON THANASINSAPというAEONのクレジットカードを使用しておりまして、20バーツ購入ごとに1ポイントを獲得できます。

この1ポイントはタイ航空のマイレージプログラム・Royal Orchid Plus (ROP)で1 Point=1 Mileと交換でき、最低5,000 Point=5,000 Mileから交換可能となっております。

なお、Japan Airlines (JAL)のマイレージプログラムでJALのマイレージにも交換が可能ですが、1,000 Points=500 Milesなので、交換比率がタイ航空の半分になってしまいます。

これまでAEONのクレジットカードでは約10年で160,000マイルをタイ航空のマイレージに交換しており、タイ航空で何回か無料特典航空券を取得してきました。バンコク⇔東京、バンコク⇔ソウル、バンコク⇔プーケット、バンコク⇔パースなど。

現在のAEONのポイント残高は57,044ポイント(57,044マイル相当)となっており、タイ航空であると無料航空券では45,000マイルで東京などの日本往復エコノミークラス、55,000マイルでブリズベン、シドニー、メルボルンなどのエコノミー往復航空券と交換できます。

なお、マイルはエコノミークラスの特典航空券に換えるよりもビジネスクラスの特典航空券に交換した方が1マイル当たりの価値が上がりますので、できればビジネスクラス、ファーストクラスの特典航空券を貰うようにしたいところです。
 

【マイル】アライアンス別オススメのマイレージ貯め方|まとめ

現在の保有マイルを少しご紹介いたします。

これまで特典航空券を発行した回数は十数回あり、ざっと430,000マイルを消化しております。
ビジネスクラスの航空券も日本⇔タイ往復を数回と、日本⇔韓国1往復、タイ⇔パース間も1回発券しており、自腹ではなかなかビジネスクラスの航空券を購入することはできませんが、幸いにもマイレージの恩恵を受けてきております。無料特典航空券は自分自身だけでなく、家族や恋人、友人などにも発券が可能なので、その点もマイルはいいですね。

マイルは貯めるのも大事ですが、使い方は千差万別の選択がありますので、マイルの有効活用も非常に大事な情報源になると思います。『マイル・有効活用』などで検索すると、いろいろネットでも情報が出てきますので、自分にあったマイルの使用方法を検索してみてください。電子マネーなどにも変換できますよ。

以前の記事で『マイレージ・特典航空券のおすすめな航空券をご紹介!【これまでのマイル発券の搭乗履歴から紹介します】』という記事も書いておりますので、私が特典航空券を取得した例を挙げながら、おすすめのマイル利用方法なども綴っておりますので読んで頂けましたら幸いです。

マイレージ・特典航空券のおすすめな航空券をご紹介!【これまでのマイル発券の搭乗履歴から紹介します】

それでは今日の記事は以上です。ご覧いただきありがとうございました。



ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-旅行
-, , , , , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.