CAFE

タイ・バンコクの人気お洒落カフェ│【NANA Hunter Coffee Roasters】

 
2020年現在、バンコクで有名になりつつあるインスタ映えするカフェ、それが『NANA Hunter Coffee Roasters』です。

Facebookのカフェグループの写真や、インスタで#bkkcafehoppingと検索すると写真が出てきたり、何かと目にする機会も増えてきたお洒落カフェです。

少しバンコク中心地からは離れているため、アクセスに難がありますが、週末旅行ついでに出掛けてみるのも良いのではないでしょうか。

では今日の記事では、写真とともに『NANA Hunter Coffee Roasters』をご紹介していきます。
 
Nana Hunter Coffee
 

YO
タイ・バンコクで駐在14年目を迎えているYOです。先日のタイ祝日にタイ人の嫁さんを連れてカフェ巡りをしてきました。あいにくの雨模様にも関わらず、お店の外の駐車場から店内までお客様で超満員!
お店の集客力には驚きましたが、そこははやりしっかりと“魅せる空間”でありました。

【NANA Hunter Coffee Roasters】|サードウェーブカフェを代表するようなお洒落カフェ。


 
 
近年、バンコクには数えきれないほどのお洒落でスタイリッシュなカフェができていますが、バンコク中心部から西側へ車で30分程走らせたところにある大型店のカフェが、NANA Hunter Coffee Roasters。

プタモントンサイ4というエリアにあり、BTSやMRTの沿線上ではないため、車やタクシーでのアクセスとなります。駐車場には車が約40台ほど停められるスペースがあり、お店のターゲット顧客層も車を持った少しハイソなタイ人をメインターゲットにしてるのではないかなと感じました。
 
 

 
 

NANA Hunter Coffee Roastersへの行き方について


 
プタモントンサイ4にあるNANA Hunter Coffee Roastersへの行き方は、車でのアクセスがまずは第一候補です。

車が無いよという方は、BTSシーロム線の最終駅・バンワー(Bang Wa)駅、そしてMRTも同じくバンワー(Bang Wa)駅からタクシーやGrabを利用するのが良いでしょう。
距離にして10kmほど、時間にして15分前後といったところです。
 

 
 

NANA Hunter Coffee Roastersのメニューについて

メニュー
 
 
サードウェーブカフェの特徴として、コーヒー豆の原産地を明確に押し出して、焙煎や淹れ方にもこだわり、そしてカフェ空間を魅せるのが上手いというのがあります。
 
 
メニュー
 
 
上のメニュー写真のようにいろいろな国のコーヒー豆を扱っており、値段もまちまちです。
高いコーヒーになると1杯600バーツ(約2,020円)と、日本円で2,000円を超えるような値段のコーヒーもあります。

600バーツのWORLD SYPHON BRENDというこのお店のSIGNATUREともいえる1杯が、なぜこんなに高いんだろう?と思ってこのお店の記事を読んだところ、このお店のスタッフにはThailand Barista Champion 2013、Cup Taster Thailand 2017、Thailand National Barista Championship2019の優勝者、そして2018年の世界サイフォニスト選手権の世界チャンピオンが在籍しているそうです。それはもうガチでした。

タイ語の元記事:https://www.soimilk.com/restaurants-bars/news/nana-hunter-coffee-roaster
 
 
ケーキ
 
 
これもサードウェーブコーヒー店の特徴なのかは分かりませんが、世界各国のコーヒーを前面に押し出してくるため、ケーキやサンドウィッチなどの軽食類はそんなに種類はなく、一応メニューにも載せているとは思うのですが、自分はそのデザート類のメニューすら見ることなく、ショーケースに入ったデザートやクロワッサンを写真に撮るだけでした。
 
 
ケーキ
 
 
デザート類もショーケースに飾られていますが、オーダー待ちの列に並んでいざ自分がオーダーする番になると、ゆっくり選んでいる余裕もなく、コーヒーも適当に気分で選んでしまうところがまだまだ自分の至らないところ。

でも生産国のコーヒー豆の特徴も頭に入っているわけでもなく、渋くても酸味がきつくても、ひと通り飲めてしまうので個人的には問題なしw
 
 

NANA Hunter Coffee Roastersのカフェ店内の雰囲気


 
 
店内は真ん中の厨房左側が長テーブルで座れるようになっており、右側のカウンターでオーダー・支払いをします。また1階の窓際にはいくつものテーブル席がありますが、おそらく週末は席の取り合い合戦。自分が行った祝日の午後2時頃は、席が空いたらたまたま運の良い人が席にありつけるというような状況で、せっかく遠方へのカフェ訪問でしたが、お持ち帰りにしてしまいました。
 
 

 
 
2階にもテーブル席や長テーブルの席があり座席数も多いのですが、それ以上に客入りが多く、写真撮るだけ撮ってお店を後にしました。
 
 

 
 
たくさんの人が写真を撮っていたコーヒー豆のストックヤード。これとか焙煎機とかも魅せる演出がGoodでした!
 
 

 
 
こういうロートで沸騰させたお湯にじわっとコーヒー豆を入れて、サイフォン式にコーヒーをフラスコに淹れるのを見るだけでも楽しめますよね。光といい色の変化といい、コーヒーに一種の芸術を感じます。
 
 

NANA Hunter Coffee Roastersで今回頼んだものはこちら。


 
 

【本日のオーダー】:
--- Papua New Guinea Iced Americano 180B ---
--- Ethiopia GUJI Iced Americano   200B ---

 
ふたつとも酸味や苦みもきつくなく、すっと飲むことができましたが、個人的にはパプアニューギニアのコーヒー豆がさっぱりしてて美味しかったです。エチオピアのGUJIは少しフルーツっぽくて、ほのかに甘い味で苦みはありませんでしたが、こればっかりは、味の好みは人それぞれですね。
 
 
👇下の写真は飲んだり食べたりはしていないけど、オーダー品をサーブするテーブルにあったものを写真にパシリ。
 

 
nana hunter coffee
 
 
席が空いてたらデザートもオーダーしたんですけど、Take Outでケーキを車の中で食べるんじゃ味気ないですからね・・・。次はちゃんと席に座ってお店の雰囲気と一緒に味わいたいと思います。
 
 
では最後に今日の記事のまとめです。
 

『NANA Hunter Coffee Roasters』のまとめと-お店紹介-


 
 
👉 『インスタ映えを狙った雰囲気だけのお店じゃない、
   ガチでコーヒーが本格的なカフェ☕』

そんな印象を受けた今回のカフェでしたが、
バンコクでも有数の指折りおしゃれカフェに入るのではないでしょうか。

チェンマイにもラテアート世界第何位とかで有名なお店もありますが、
こちらのカフェは何といっても世界チャンピオン在籍ですからね。
次回はちゃんとサイフォン式のカフェを頼んでみたいと思います。
 

最後に『NANA Hunter Coffee Roasters』のお店紹介です。

お店   :【NANA Hunter Coffee Roasters】
住所   :Phuttamonton Sai.4 Bang Phrom, Taling Chan, Bangkok 10170
TEL    :(+66) 659193991
営業時間  :Weekday 7:00 - 18:00 / Weekend 8:00 - 18:00
休業日   :なし
Homepage :https://nanahuntercoffee.com/
Facebook :https://www.facebook.com/nanahuntercoffee
Google Map:-開く-

 
ぜひタイに住んでいる方も、今後旅行者としてタイに来れるようになった場合にも、
一度こちらのカフェに出かけてみて欲しいと思います。

あわせて以前書いたバンコク・カフェなどの記事もご覧頂けましたら幸いです。
 

 
では、最後までご覧頂きありがとうございました。
早く旅ができるようになるといいですね。
 
 
   

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-CAFE
-, , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.