CAFE 駐在生活

タイの缶コーヒーを飲み比べてみた。コンビニで売っているコーヒー8選。

突然ですが、ブラックでコーヒーを飲むと、カロリーはほとんどありません。

今日はちょっとこんな豆知識をふんだんに織り交ぜながら、
タイのコンビニで買える缶コーヒーを勝手に評価してみたいと思います。

余談ですが、コーヒーのタイプは下記の3タイプがありまして、

① すっきりタイプ:
  背が小さくて顔がちっちゃい150cmくらいの女子大生のような、
  焙煎は浅煎りで、コクや苦味が落ち着いていてすっきりした酸味のあるコーヒー。

② どっしりタイプ:
  うちの嫁のような簡単には怖気つかなくて、毎日マッサージをせがんできて、
  焙煎は深煎りで、どっしりとしたコクや苦味を好むタイプのコーヒー。

③ バランスタイプ:
  遊びも恋も常に100%、容姿端麗なんだけどついダメ男を好きになっちゃうような
  コクや苦味、酸味のバランスがとれて飲みやすく、幅広い方に支持されるコーヒー。

あなたはどのタイプのコーヒーがお好きですか? 

私は①のすっきりタイプが好みです。

では、タイの缶コーヒー飲み比べ、いってみましょう!

まずタイで一番見かけることの多い、味の素が出している『Birdy ROBUSTA』。
ゴルフ場で飲むと縁起がいいとのことで、すでに何本飲んだかわかりませんが、
あいにくバーディーを出した記憶は。。

砂糖:9g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:60カロリー

評価:ボギーすら出ません。

豆知識 ✍:これを飲んでもPer.3のグリーンすら 乗 り ま せ ん !

缶に変な白いひもがついているのに気付かず写真UPしてすいません、味の素様。
続いても味の素が出している『Birdy BLACK LOW SUGAR』。最近発売したのかな?
日本人だとBLACKの文字につられて、ついついブラックコーヒーを想像して一口飲むと
『なんじゃこらーっ!!』って松田優作バリに思いを抱いた経験があるかもしれません。

砂糖:5g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:35カロリー

評価:8本の中では一番まともに飲める缶コーヒー。カロリーも35kcalと一番低いです。
   日本で言う甘さ控えめ微糖ってキャッチフレーズが付けられるんじゃないでしょうか。
   タイのコンビニで買える、このサイズの缶コーヒーのなかでは、おすすめの1本です。
   ただ私の好みとしては、砂糖の入っていないスッキリとしたアイスコーヒーがベター。

豆知識 ✍:コーヒーのカロリーはとても少なくて、ブラックコーヒー1杯あたり7~8kcalです。

3番目に紹介するのも味の素が出している『Birdy ESPRESSO』。
さすがエスプレッソという言葉通り渋いのかというと、見事に裏切られます。

砂糖:9g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:70カロリー

評価:砂糖の甘さが先行して、コーヒー本来の酸味や苦味を消されてしまっている感じ。
   缶コーヒーって気にしたことなかったけど、コーヒーの香りがほとんどしないですね。
   イタリアで飲むちっちゃい、これだけ?って思うエスプレッソとはモノが違います。
   そもそもイタリアに行ったのも、もう10年前になってすでに覚えていませんが。。

豆知識 ✍:コクは口の中に残る余韻、そして苦味は舌の奥で感じる刺激のことだそうです。

では次、

4本目もまた味の素、タイでは味の素が日本でいうジョージア的缶コーヒーを作っています。
この缶の色からして甘いのが想像できる『Birdy Latte』。私は普段手に取らない部類ですね。

砂糖:15g
甘さ:+2個
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:90カロリー

評価:ひと口目で「甘っ!」って言葉が出るくらいSo sweet & The Thai Tasteって感じです。
   これはコクではなく甘さだけが口に残ります。もっと渋めの豆使った方がいいですね。
   缶コーヒーは、価格の安いロブスタ種をすでに多く使っているとは思いますが。

豆知識 ✍:コーヒー豆には、三大原種と言われるアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種があります。そのうちアラビカ種は、世界で生産されているコーヒーの7~8割を占めていると言われています。ロブスタ種のほうがアラビカ種より安く流通していて、タイではロブスタ種が生産高の99パーセントを占めており、アジア第3位のコーヒー生産国となっています。

5本目に紹介するのも味の素。タイの缶コーヒー市場においてひときわ目立つ量の少なさ。
通常180mlの缶コーヒーがディフォルトのところ、これだけは高級感狙って150ml。
『Birdy BARISTA ESPRESSO SHOT』、なんか名前が長いだけでも高級そうでしょ?
(ディスってないですよ)

砂糖:14g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:70カロリー
容量:150ml (他はすべて180ml)

評価:コーヒーの味としては悪くないのですが、この缶サイズで砂糖14gは入れ過ぎ
   8本のなかでは香りもしっかりしてるし、砂糖5g位だとより良いものになりそうです。

豆知識 ✍:コーヒー豆は焙煎時間が長ければ長いほど苦くなり、短ければ短いほど酸っぱくなります。嫁と一緒にいる時間が長くなればなるほど苦しくなり、短ければ短いほど酸っぱくなる、とかならないとか。遠い目。👉うちは9年経っても仲良く暮らしている方だと思います!

6本目に紹介するのは、ネスレ(Nestlé)が出している『NESCAFE ESPRESSO ROAST』。
スイスの会社ですが、ネスカフェ・イコール・コーヒーみたいなブランドを確立しています。

砂糖:11g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:70カロリー

評価:味のバランスは良いと思います。砂糖11gが5-6gになればもっと大人の味になりそう。
   でも悪くないと思います。日中汗をかいて、休憩時間に飲むときなどには、
   これくらいの甘さのほうがいいのかもしれません。

豆知識 ✍:nestle はドイツ語で「鳥の巣」を意味し、中国では「雀巣」と表記します。wiki調べ

7本目はネスレ(Nestlé)が出している『NESCAFE Latte』。
気づいたのですが、缶コーヒーのこの色系統は、反応的に甘い!というイメージが先行して、
コンビニでは滅多に手に取ることはないのですが、でも普通にコーヒーショップでコーヒー頼むとき、たまにラテとかカプチーノを選んだりもするんですよね。砂糖の甘さも然ることながら、ミルクをたくさん入れるので、コーヒー豆本来の渋みや酸味を和らげてくれる訳ですが、スタバのキャラメルミルクマキアートとかは、果たしてコーヒーなのか??ってくらいに、コーヒー本来の味が薄まってしまってますよね。
あれはすでにミルクです。
ディスるわけじゃなくて、私も好きで良く飲んだりしているのですが、おかんが言うには
「コーヒーっていう割には、牛乳と氷を入れる量が半端ない」っていうねん。
「そらもうコーヒーじゃないがな」。

砂糖:10g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:80カロリー

評価:ミルク。

豆知識 ✍:スタバ店内の家具は、本社が家具メーカーに特注したものであり、市販はされておりません。

ラスト8本目に紹介するのが、『NESCAFE BLACK ICE』。
日本からの出張者とかに買ったりすると、ネーミングだけを見て飲んでビックリ。
ちょうどタイで緑茶を買って、飲んだら砂糖入りで甘くてビックリみたいな。
これ私も缶コーヒー買って何度経験したことか。。

タイで缶コーヒーとしては、もう物理的に純粋なブラックコーヒーは飲めなかったのです。
ついこの前までは。でも遂に発売し出したんです!純粋に美味しいと思える缶コーヒー!
話から逸れてしまうので、それはまとめに書いておきますね。

砂糖:9g
甘さ:
酸味:
苦味:
香り:
コク:
kcal:50カロリー

評価:酸味と甘みが同時に来るような感じ。味もちょっと安そうな豆を想像してしまいます。
   ちょっとバランス感が悪いですね。せっかくブラックに寄せて作ったのに、
   タイ人に売れるようにするためには、砂糖を足さないといけなかったという、
   商品開発者の心の内が読み取れるようなコーヒーに仕上がってます。

豆知識 ✍:アイスコーヒーと水出しコーヒーの違いは、
【熱いお湯でコーヒーを淹れて、氷などで急に冷やして作る】のがアイスコーヒー。
水出し浸け置きか水出し滴下で、【水でコーヒーを抽出する】のが水出しコーヒー。

-まとめ-

今回8本の缶コーヒーを飲み比べて評価してみましたが、
なんとこの缶コーヒー8本に含まれる砂糖の合計は82g
6gのスティックシュガーがなんと13.6本分!

このため、この企画は1日で書き綴るのは危険ということで、3日間に分けて執筆しました。

ちなみに私がタイで飲むコーヒーで美味しいと思うのは、True CoffeeのHigh Speed Coffeeと、
セブンイレブンで最近販売し出したTokyo Brew COFFEE AMERICANO 40バーツ(約133円)。

私が求めていたコーヒーはまさにこれ☝だったのです。
遂にタイで、みんな甘いジュースがだ~い好きなこのタイにおいて、純粋なコーヒー☕。

初めて飲んだこの前、『あ~しあわせ~』ってなりましたからね。

コールドブリューは酸味、渋み、苦味が抑えられてスッキリ飲みやすいコーヒーです。
これ最後の豆知識☝

コーヒーの世界はほんとに広いものです。私の好きなCasa Lapinというお店では、
エチオピアやルワンダ、グアテマラなどで採れた豆のコーヒーを淹れてくれます。

タイもコーヒーが一般的に飲まれるようになって久しく、コンビニで買ったコーヒーも
グラスに移し替えて目を瞑って飲んでしまえば、高い・安いなんてわからないくらいの
クオリティーになりつつあります。

Let's have an enjoy coffee time!! 自宅からは以上です。

コンビニ食べ比べシリーズの記事もぜひご覧ください!

タイのコンビニで売っているポテトチップスを食べ比べてみた。

タイのコンビニ・スイーツを食べ比べてみた。【セブンイレブン編】

ブログランキングに参加中です|記事が良かったと思っていただけたら応援お願いします!

-CAFE, 駐在生活
-, , , , ,

Copyright© キリトリ・タイ駐在生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.